• TOP
  • >
  • 評価ボード ソリューション

チップワンストップでは評価・開発に必要な評価ボード・開発キットを多数取り揃え!1個から短納期でお届け!

取扱メーカ

新製品 & おすすめ商品

Renesas Synergy™ 開発環境(ツール&キット)
Starter Kits (SK), Development Kits (DK)など
各種ボード開発環境をご提供

Renesas Synergy™特集ページ
メーカーインタビューで特集されました

Renesas Starter Kit+ for RX65N
Renesas Starter Kit+ for RX65Nは、
RX65Nの入門用に最適なスタータキットです

ComingSoon

売れ筋商品

E1 [R0E000010KCE00]
E1エミュレータは、ルネサス主要マイコンに
対応したオンチップデバッギングエミュレータです

RX113タッチキー評価キット
同梱される4種類のタッチキー評価ボードにより、
パネル素材、耐水性、近接検知(キーに直接触れない)
位置検出の各環境を簡単に実現することが可能です

メーカーインタビューで特集されました

おすすめ商品

Nucleoシリーズ

Cortex-M系マイコンベースのプロトタイプ作成をスピーディーに実現する
mbed開発環境対応 & Arduino互換の開発ボード

STM32 Nucleoボードを使うことでプロトタイプ作成を容易にし、
誰でも新しいアイデアを短時間で試すことができます。
STM32 Nucleoボードは共通のArduinoコネクタとST Morphoヘッダを備え、
多数の専用アプリケーション・ハードウェア・アドオンを使用して容易に拡張できます。
STM32 NucleoボードはST-LINK/V2-1デバッガ / プログラマを内蔵しています。
STM32 NucleoボードにはSTM32ソフトウェアHALライブラリと各種ソフトウェア例が用意されており、
IAR EWARM、Keil MDK-ARM、mbed、GCCベースのIDEの広範な開発環境とシームレスに動作します。
STM32 Nucleoボードのユーザはwww.mbed.org のmbedオンライン・リソース
(コンパイラ、C/C++ SDK、および開発者コミュニティ)に無償でアクセスでき、
わずか数分で完全なアプリケーションを構築できます。

 特徴
  • 64ピン・パッケージのSTM32マイコン搭載
  • ST-LINK/V2-1デバッガ / プログラマ内蔵
  • 専用シールドによる広範な拡張機能
  • ArduinoTM Uno rev3接続に対応
  • ST Morphoコネクタを通してマイコンの全端子にアクセス可能
  • mbedオンライン・リソースへの直接アクセス
  • IAR、Keil、およびGCCベースのIDE(Atollic等)によるサポート


X-Nucleoシリーズ

STM32 Nucleo 拡張ボード・X-Nucleoシリーズ

STM32 Nucleo 拡張ボードは、あらゆる設計要求にお答えします。

  • ST製品を、STのマイコンSTM32と組み合わせて評価が可能
  • ST製品のポートフォリオが持つ機能と性能を活かし、
    STM32ベースでアプリケーションを実現します

これらの拡張ボードは、マイコンと接続するための共通のピン・アサインを有しています。

  • Arduino Uno R3 コネクタ搭載
  • より高度な接続を可能にするMorpho コネクタ搭載

各拡張ボードは、STM32ベースのソフトウェア・モジュールでサポートされます。
STM32 Nucleo ボードとの組み合わせれば、アプリケーションの開発や試作、製品の評価のための、
統一された適応性のあるアプローチが可能です。

X-NUCLEOシリーズの技術資料はこちら(外部サイト)


注目商品

STEVAL-WESU1

Wearable sensor unit reference design for fast time to market

STEVAL-WESU1は、開発者が最新のウェアラブルとポータブルアプリケーションの開発を
サポートするために開発・最適化されたリファレンスデザインです。
STEVAL-WESU1のファームウェアパッケージは、STM32Cubeソフトウェアテクノロジーを元に
構成されています。
ドライバを搭載したSTM32L151VEY6は3つのセンサ(LSM6DS3, LIS3MDL and LPS25HB)、
Bluetooth low energyネットワークプロセッサ (BlueNRG-MS)、
バッテリマネジメントIC(STC3115 and STNS01)を制御します。

LoRa WAN対応STM32

NUCLEO-L053 STM32L053,STM32L151,STM32L431

堅牢で低消費電力な無線技術であるLoRaは、長距離通信 (数~数十km) や
高層ビル内の複数フロア間の通信など、
環境を選ばず容易にIoTエッジノードを構築可能です。
LoRaWAN Allianceの主要メンバーであるSTでは、
LoRa用無線ICを提供するSemtech社とのパートナシップに基づき、
超低消費電力マイコンSTM32Lシリーズ用に
LoRaWAN規格対応の無償ソフトウェアライブラリを提供中です。

PSoC 4 BLE Pioneer Kit (CY8CKIT-042-BLE/CY8CKIT-042-BLE-A)

低消費電力なセンサーベースIoTシステム設計のためのワンチップソリューション
1. PSoC Creator で完全なシステム設計を実現
2. 使いやすい BLE ComponentでBLEプロトコルスタックと
 プロファイル コンフィギュレーションを簡素化
3. バランを統合していることでRF基板設計を簡素化
4. プログラマブルなAFEとデジタルロジックをCapSenseや
 ARM Cortex-M0 CPU、BLE無線技術とともに搭載
5. 5つのフレキシブルで使いやすい消費電力モードを提供

PSoC Analog Coprocessor Pioneer Kit (CY8CKIT-048)

複数センサーを搭載するIoTアプリケーション設計に最適
さまざまなセンサーのカスタムが容易に実行可能
PSoC Analgo Coprocessorは次のアナログ センサーを搭載:
PIRモーションセンサー
湿度センサー
サーミスタ
誘導性の近接センサー
環境光センサー
Arduino®シールド1基板とのフォームファクタ互換性がある
PSoC5プログラマとデバッガでオンチップシステムデバッグが可能
チップ外部の不揮発性データストレージ用の1MbシリアルF-RAM2を搭載

Solar-Powered BLE Sensor Beacon Reference Design Kit (CYALKIT-E02)

超低消費電力エナジー ハーベスティング BLEソリューションによる
超小型かつソーラーパワーで動作する無線センサーをデザイン
CYALKIT-E02 Solar-Powered BLE Sensor Beacon Reference Design Kit (RDK) は、BLE無線通信の超小型ソーラー パワー駆動IoTデバイスを迅速に設計するためにデザインされています。このRDKは、Solar BLE SensorとBLE-USB Bridge and Debug Boardが含まれています。Solar BLE Sensorは、サイプレスのエナジー ハーベスティング パワー マネジメント IC (PMIC) と、S6AE103AとEZ-BLE™PRoC™ Module (CYBLE-022001-00) により構成されており、周囲光から収穫されるエネルギーによって、電池なしで動作するように設計されています。

新製品 & おすすめ商品

EVAL-ADF7021DBZxは、ADF7021トランシーバ
デバイス用の評価モジュールです。これらのモジュールは
フルセットの開発機能を備えている
EVAL-ADF70xxMBZ2マザーボードに接続します。
EVAL-ADF7021DBZ3のADF7021デバイスセットアップ
(431-470 MHz周波数動作用) EVAL-ADF7021DBZ5の
ADF7021デバイスセットアップ
(80-650 MHz周波数動作用)
EVAL-ADF7021DBJZのADF7021デバイスセットアップ
(426-435 MHz周波数動作用) マザーボードコネクタ
SMAアンテナコネクタ

ADXL203EB は簡素な評価用ボードであり、
2 軸±1.7 g 加速度センサ「ADXL203」の性能を
短時間で評価することができます。
ADXL203EB はすべての電源線と信号線にアクセスできる
5ピン0.1インチ間隔のヘッダを備えており、
標準プラグを使ってこれをプロトタイピング・ボード
(ブレッドボード)またはワイヤに接続できます。
ADXL203EB をアプリケーションボードに
装着するための穴は 4 個あります。
D04837–0–4/04(0)-JADXL203EB のサイズは
20 mm × 20 mm で、PC ボードの四隅に
15 mm × 15 mm の間隔で取付け穴があります。

売れ筋商品

EVAL-ADXL001-70Z
ADXL001: 高性能、広帯域幅の加速度センサー
評価用ボード

EVAL-SDP-CB1Z
SDP-B 評価用ボード

売れ筋商品

RN-4020-PICTAIL
RN4020 Bluetooth Low Energyモジュール
評価開発デモボード

PG164130
PICkit 3 インサーキットデバッガー

DV164035
MPLAB ICD 3 インサーキットデバッガー

DV164131
PICkit 3 デバッグエクスプレス

DV007004
MPLAB PM3 ユニバーサルデバイスプログラマ/
開発キット

DV244005
REAL ICE インサーキットエミュレータ

DM320002
PIC32 I/O 拡張ボード

MCIMX6Q-SDB

フリースケールのスマート・デバイス向け
Smart Application Blueprint for Rapid Engineering (SABRE) ボードを使用する開発者は、
クアッドコア処理かつ低電力消費の最先端マルチメディアおよびグラフィック・アプリケーションを、
i.MX 6Quad ARM ® Cortex™ -A9アプリケーション・プロセッサで開発することができます。
スマート・デバイス向けSABREボードは、低コストながら豊富な機能を備えた開発プラットフォームで、
シンプルな製品設計を実現します。 開発者は、i.MX 6Quadプロセッサの主要な機能の大部分を活用しながら、
i.MX 6Quad、i.MX 6Dual、i.MX 6DualLite、およびi.MX 6Soloの設計との回路図の互換性を維持することができます。
これにより、複雑な設計のためのスタート・ポイントとしての役割を果たす基本的な製品設計を
手に入れることができ、市場投入までの期間を短縮できます。

FRDM-K64Fは、Kinetis K64/K63/K24マイクロコントローラ向けの
超低コスト開発プラットフォームです。FRDM-K64Fハードウェアは、
Arduino™ R3ピン配列に準拠したフォーム・ファクタで、幅広い拡張ボード・オプションを備えています。
FRDM-K64Fには、E-Compass機能全体を実現する3軸デジタル加速度センサ/磁気センサ、3色LEDと
ユーザとの双方向のやりとりに対応する2つのプッシュ・ボタン、メモリ拡張のための
microSDカード・スロット、オンボードのEthernetポートおよびBluetoothや2.4GHz無線モジュールを
アドオンするためのヘッダといった通信のためのオプションが用意されており、
迅速なプロトタイプ作成を可能にします。FRDM-K64Fプラットフォームの大きな特徴は、
OpenSDAv2を備えている点にあります。OpenSDAv2は、オープン・ソース・ブートローダを実行する
フリースケールのオープン・ソース・ハードウェア組込みシリアル/デバッグ・アダプタです。
この回路には、シリアル通信、Flashプログラミング、
および実行制御デバッグに関するオプションがいくつか用意されています。

FRDM-KL25Zは、ARM® Cortex™-M0+プロセッサベースの
Kinetis Lシリーズ KL1x/KL2xマイクロコントローラ・ファミリを搭載した超低コストの開発プラットフォームです。
マイクロコントローラI/Oへの容易なアクセスが可能で、バッテリ電源にも対応し、低消費電力動作で、
規格準拠の拡張ボードのオプションに対応し、
さらにFlashのプログラミング/実行制御用のデバッグ・インタフェースを内蔵しています。
FRDM-KL25Zは、NXPおよびサードパーティのさまざまな開発ソフトウェアによりサポートされます。
これにより、mbed.orgを無償で活用し、オンラインのソフトウェア開発キット、ツール、
再利用可能コード(ダウンロード、インストール、ライセンスの必要がないことを意味します)、
そして活発な開発者コミュニティへ完全にアクセスできるようになります。