GR-LYCHEEはカメラと無線を搭載したIoTプロトタイピングボードです。RZファミリRZ/A1LUグループ用のGRリファレンスボードで、Arduino UNOの接続ピンに互換性があり、 ARM®社が提供するMbed™開発環境を使用できます。また、Renesas Webコンパイラ、IDE for GRでのArduinoライクなスケッチも可能です。

GR-LYCHEEの特長的な機能は以下の通りです。

  • 付属カメラでVGA(640×480)の画像を取得可能。USB CDCで送ると60fpsの転送レートも実現可能。
  • OpenCV V3.2を適用し各種SDKを提供。コンピュータビジョンをすぐに楽しめます。
  • 話題のESP32を搭載。Wi-Fiでクラウド接続、BLEでスマホ連携可能。
  • 4極オーディオジャックを搭載。音声入出力が可能。
  • SDカードを挿入可能。FlashAirにも対応。
  • Mbed™プログラミング可能。ストレージにコピーすればプログラム書き込み可能。
  • オプションでUSB Aコネクタを装着可能。USBメモリ等の接続に使用できます。

GR-LYCHEEでOpenCV Canny関数(エッジ検出)を実行しているデモ動画です。

仕様

項目 内容
搭載マイコン RZ/A1LU (R7S721030VCFP 176ピンQFP)
ROM/RAM 外部FLASH 8MB/内蔵3MB
動作周波数 384MHz(48MHz 8逓倍)
RTCクロック 32.768Hz
動作電圧 3.3V/1.18V
カメラ シキノハイテック製 KBCR-M04VG-HPB2033
VGA 640×480, 最大60fps
水平画角98°、垂直画角75°
ボード搭載 カメラインタフェース(カメラモジュール付属)
ESP32無線モジュール(Wi-Fi, BLE)
USBペリフェラル
USBホスト(オプション)
4極音声入出力ジャック
SDソケット
LCDコネクタ
ユーザスイッチ(2個)
リセットスイッチ
JTAGインタフェース
Arduinoシールド用インタフェース(オプション)
ユーザ用LED(4個)